人生楽しめてる?

前作のブログが続かなかったので好きなことを語ってたら日本一周してしまった人のブログ

意識高いと「我慢自慢」が始まる

 

僕はマウントを取ろうとする話がきらいで、居酒屋で飲みに行くときもプライベートの話とか夢のある話を聞くのが楽しいです。まぁ理由が「仕事自慢や我慢自慢」が発生するからなんですけどね。

 

でもこれは自然と出てしまうと思います。僕も「あー最近忙しいわー」ってボソッと言ってしまう事があるので、そこまで厳しく思わないですが「いやぁこの仕事やばかったね」とか「こいつほんまに使えないわ」とか聞いてしまうと文句ばっかりで、辞めたらええやんってなりますし、この人は仕事のことしか話せない人間なのかなと思ったりします。普通につまらん。

 

仕事の話でも、未来や希望を語ってくれる人ならもっと話して見たいと思います。ですけど大抵武勇伝や愚痴大会になって本当に面白くないです。ある先輩に「飲みの時に仕事のコツを聞いていくんやで」って言われた事がありました。それならシラフの時に説明した方が脳みそスッキリしてるから理解しやすいと思っていたので、会社の飲み会はなるべく早く帰るか休むように工夫します。飲み会行くなら好きなことやってる方が有意義です。

 

そういう人は意識が高くて自分が一番我慢しているってことを自慢として、マウントを取ろうとしているのだと思います。「俺はこんなに苦労してるんだからお前もこれくらいしろよ」と遠回しに言っているのだと思います。昔の時代であればそれが正しいと思われていた文化も、時代が進むごとに考え方も変わります。今の若者がお酒が飲まなくなったってのも、こう言った「お酒での独自の文化」に違和感を感じている結果なのだと思います。

 

客観的にみても途方も無い我慢大会を勝ち進んで「我慢キング」になったとしても、その後に残るものなんて我慢した俺が一番なんだという無駄な順位を得るだけです。そんなことで富も名声も得ることは無いでしょうし、周りにいるのも我慢大会の常連だけになりますしいいことないので、離れてしまうことをオススメします。

 

もっと飲み会が有意義であるようになればいいのですが…