人生楽しめてる?

日本一周した人 人生を楽しむために 旅、バイク、動画、雑記系を書いてます  

ソロツーリングできる人は『選ばれた人間』です【一人ツーリングのやり方 魅力 デメリット】

f:id:beefbowlman75:20190327190816j:image

どうも、モノリスです

 

本記事は一人でバイクを走られる『ソロツーリング』について

 

一人で走れるようにするための方法

ソロツーリングの魅力

ソロツーリングのデメリット

 

について解説していきます

 

私は長期でソロツーリングをしている経験があり

九州一周

日本一周

を達成しています

 

この記事を読むことで

 

ソロツーリングの魅力

どうしたらソロツーリングをすることができるのか

 

の二点がわかります

 

みんなもソロツーリングをしてみましょう!

 

目次

 

ソロツーリングできる人は『選ばれた人間です』

まず前提にしてほしいのが、ソロツーリングができるはすごい人です。「極上の楽しみ方を知っている」人です

 

孤高に様々な場所に走り続け、一人目的地に到着する

 

こんなことができる人はなかなか見かけません。たいてい仲間と一緒に走っているか、仲間のもとに行くための移動で一人走っていることが多いです

 

たまに一人で駐車場に着き、ゆっくりと観光してそのまま帰るライダーの人を目撃しますが、そういった人は選ばれた人間だと思います

 

そんなソロツーリングは皆さんハードルが高いと考えてしまい、結局仲間と近場を走ってしまうことにつながっていきます

 

ですが、もし一人でいろいろなところを走れるようになれたらどうでしょうか?

 

ここからは私がやっていたソロツーリングのやり方を解説します

 

ソロツーリングのやり方

1.自分の好きな日に走る

まずは友人やバイク仲間を誘わずに一人で走りに行きましょう

 

孤独になることに慣れるためです

 

日にちも自分の都合のいい日に走ります

 

もし毎週この日に走ろうと思うと変な義務感を持ってしまって、バイクに乗ることがしんどくなるからです

 

このように突発的にツーリングをしに行きます

 

2.自分の思うがままに走り、気になるところに入る

これが重要で、自由気ままに色々走ってみましょう

 

目的地を走るだけだと他の情報が入りにくくなってしまうためです

 

自由気ままに走っていると、看板が面白い場所だったり、見た目が気になるような場所が現れたりします

 

そこを寄り道します。どんな結果になるか不安になってもいいからとりあえず行ってみます

 

結果何も得られないこともあれば、超絶面白かった場所がありますので駄目だったらそういう日もある、よかったらどこかで友人に紹介しようと思っておけばいいです

 

こうすることで、未開の地に対して興味を持つようになりますので、定期的に様々なところを捜索してみましょう

 

私の場合は知らない道を見つけたらとりあえず入ってみます

 

知らない土地なので何があるのか分からないですが、なぜかゴルフ場に到着して悲しい経験をしたり、神秘的な神社を発見して素晴らしいなーとか思います

 

こういうことを定期的に続けていくと一人で走ることに楽しさが生まれます

 

3.一人で長距離ツーリングを実施

ここからはかなり発展していきますが、一人で長距離ツーリングを実施します

 

1と2を継続していると、いつの間にか一人で走ることも楽しくなっています

 

そうすると、未開の地をもっと走りたいと思っていきます

 

例えば住んでいる地域よりも遠い地域をフェリーや高速道路を利用して観光していきます

 

もし1.2を継続していると、遠方の地域は観光地も道も知らないことだらけなので、どこでも行ってみたいと思うはずです

 

こうして長距離を一人で楽しめるようになればあなたもソロツーリング一人前です

 

ソロツーリングの魅力

ここからはソロツーリングをする魅力について解説していきます

孤独の魅力を知れる

孤独に走ることはつらいことだ、しんどいことだ

 

そう思っている方は多いのではないでしょうか?

 

実はそんなことはなくて、一人だからこそ楽しめることもあります

 

他人と目的を共有する必要がないので、自分が知らないところを見つけることができます

 

周りが走りに行きたがらないところに自ら挑戦することができます

 

特に日本一周をしているライダーはこれに該当するのではないかと思います

 

様々なものことを体験し、人と出会う

 

仲間同士で走るのとはまた違った世界で走ることができます

 

周りに振り回されない自由に走ってい見たいものを見るっていうのが魅力の一つになります

 

 

自由な予定変更や友人と予定を合わせる必要がない

自由に予定変更でき、友人と予定を合わせなくてもいいことも魅力の一つです

 

多人数で走る場合はどれくらいの距離で走って、これくらいの時間で休憩して、目的地にはこの時間に到着する

 

という打ち合わせをすると思います

 

これって事前に準備するために調べることが必要ですし、急に予定変更して気になるところに行ってみたいと思っても周りを優先してできなこともあります

 

一人で走ると他人を気にする必要かない、自分の気分で変更できるようになります

 

走っていると、面白そうな道を見つけたことはありませんか?

 

看板を見てみると知らない土地を見つけて寄り道してみたいとおもいませんか?

 

友達と走るのはつらいなーと思っているのであれば一度ソロツーリングをしてみてはいかかでしょうか?

 

排気量や車種を気にせずに走ることができる

排気量や車種といったジャンル分けを気にせずに走ることができます

 

一人なら条件を気にせずに走れるためです

 

最近Twitterで車種別や排気量を制限してツーリングを募集している人がいます

 

この排気量以下は参加禁止です、ある車種のみで走りたいですといったようにおそらく自分とタイプが似たような人と走る募集をかけているケースが見受けられます

 

とても魅力的ですが、タイプを絞るだけにルールが厳しかったり、そこだけに決められたマナーがあったりと見るだけで頭を抱えてしまうことがあります

 

そんな億劫な気持ちになるなら、一人で走ってみて楽しく走ってみてはいかがでしょうか?

 

私たちが走ることに縛るものはなにもないのですから

 

ソロツーリングのデメリット

ソロツーリングのデメリットは仲間がいないことです

 

実際一人でツーリングするべきだというと、仲間がいないために走れないという人がいます

 

実は仲間がいないと走れないというのは正しい考え方です

 

皆さんは旅行するときにどうして多人数で集まるのか分かりますでしょうか?

 

仲間がいることで、その時体験した思い出を共有して楽しむことができるからです

 

バイク分野以外にも一人○○という概念がありますが、なかなか普及しないとのこのためです

 

一人で走るということは、仲間と共有できないことと同義であるので、この共有ということができない点がソロツーの最大の弱点になります

 

ソロツーをすると味わえないことに

事故を起こしたときに助けてもらえない

インカム通話で談笑しながら走ることができない

ということが挙げられます

 

もし事故時に仲間がいれば対応できますが、一人だと何もできないです

 

もしインカムを持っているが、通話する仲間がいないとただの音楽プレーヤーになります

 

バイクは一人で走れる魅力的なものですが、同時に趣味を共有できるものでもあるので、ソロツーリングはあまりよくないと思われているのかもしれないです

 

 

 

まとめ:仲間がいない楽しみを見つけられたときにソロツーリングの神髄に進める

 

仲間がいるツーリングは確かに素晴らしいものですが、ソロツーリングをできるようになれば違った楽しみを見つけることができます

 

私はソロツーリングをしていたために九州一周ツーリングや日本一周することができました

 

もし長期間のツーリングをしてみたいと思っている方は、まず近場を一人で走れるようになりましょう

 

ソロツーリングの神髄を見つけることができれば、あなたも一流のソロツーリストになれます!

 

 

それではまた