人生楽しめてる?

前作のブログが続かなかったので好きなことを語ってたら日本一周してしまった人のブログ

本音って意外と話しにくいよね

タイトル通りです。以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘です。( ・∇・)

 

 

僕は友人でも本音で話せていないような感じがあります。本音で話せたらどれだけいいかと思いますが、人間社会は本音で話しているかどうかなんてわからないです。今作っているブログも本音で書いているかわからないですし、世の中全てが本音で生きたら多分世界戦争が起きて核の冬に陥ると思うんですよ。(極論)北斗神拳の使い手がいそうな世界ですね^ ^

 

そんな壮大な話まで広げる気は無いので、対人関係、内なる本音ってところで考えてみましょう。

 

 

まず自分の本音と思っているところは果たして本音なのかと思うんです。例えば仕事関係で「昔はなーお客さん作るために夜中も働いて頭下げたことがあるんだよ」と部長が話し始めたら「そうなんですね‼︎僕も部長みたいに頑張ってやってみます‼︎」と答えますが、実際は「過労死させる気かボケ」「お前の武勇伝は今は労働基準法違反ですよー(笑)」と考えてたりします。(誇張した僕の体験談)これは話している人に対して失礼だな、こんなこと話したら立場上よくないと思っての建前発言になると思います。というか社会自体が建前社会で相手をおだてることが円滑な関係を作り上げられる考えられているようです。

 

建前が続くとだんだんそれが自分となって、一つの人格としての仮面が生まれます。(ペルソナ)f:id:beefbowlman75:20171222121501j:image

カッ

これが増えると、本当の自分はどれなのかがわからなくなってしまいます。友達での接し方、上司との接し方、店員に対する接し方、コロコロ変わってしまって、たまに混乱して使う場面を間違えるなんてこともあります。

 

ここからは僕の考えですが、この不特定多数との接し方が自分の内なる本音を隠す要因なのではないかと思っています。自分はどういう生き方をしたいか、どういうことをしたいのか、何が好きか等ですね。ちょうど最近このことで人生を考えています。

 

 

社会で生きている僕は真面目に生きることで他人がある程度の評価を与えることを学生時代の経験から知っています。なので真面目なキャラクターを演じていました。会社では真面目に研修を受けて、発言も意識高い系の発言をしてました。今働いている会社の新入社員研修で、なりたい理想像を全員に発表することがありました。全社員の中で唯一「仕事でプロになりたい」と言いました。実際はそんなこと全く思っていなかったのですが、「誰もが言わないようなことを行ってみよう」とあまりネタに走らず意外性で勝負してみました。逆にそういう独自のセンスが自分の本音であるのかもしれません。

 

他のコミュニティだと、クールな感じで振る舞うことがある、別のコミュニティではおふざけしようと積極的になる、また別のコミュニティではリーダーシップを取って計画する、と色んなところで違ったものを出しています。これが自分の本音を隠すことに繋がっているのだと思います。

 

それが人間関係に疲れを生んでしまい、自分はどういう人物なんだろうと考えてしまうきっかけになっているのだと思います。自分を見失うとどれが本音か分からなくなってしまう。広い海の中で自分という一匹の魚を探すような感じです。地球の70パーセントを海で占めてるのに探すのとか不可能じゃんってなります(-_-)

 

結局は仮面が増えていき、本当の気持ちもわからずに今の環境に流されて生きていくのでしょう。このままでいいのか?僕たちの人生はそんな主体性が失われる人生でいいのか?

 

といっても解決策は考えておりません。絶賛自己対話中です。僕の答えとしてブログであることは間違いないですが、完璧には定まってはいないです。

 

本音が話せるようになればひょっとすると人生楽しめるのかもしれないですね。てか本音で話したい。頑張れ自分( ・∇・)